希望の鶴

希望の鶴

こんにちは 女将のあっちゃんです

 

 

2011年3月11日 東日本大震災

私を含めて… 意識の薄れ…? 記憶になりつつありますが、

まだまだ大変に大勢の被災者の方々が、仮設住宅などでの見通しのつかない生活を余儀なくされてます

 


【 きっかけ 】
実は、昨日 諏訪湖ライオンズクラブの笠原 文武様から 「希望の鶴を、披露宴などで利用して頂けないか?」と、ご相談がありました。
笠原様は、あっちゃんの亡き母の同級生で、主人がお世話になっております歯医者さんでもあります。


今迄は、ほんとうに私の出来る範囲での支援をさせていただいてきました。。林檎などをお贈りしたり、ささやかな支援です。
今回は、”鶴を皆で折り、おしゃべりしたり 情報交換をして、孤独死などをなくしたい”という趣旨でした。特に、孤独死、自殺は切実な問題です。

 


500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

希望の鶴

ご縁を頂きまして誠に有難うございます。

この鶴は、福田元総理婦人「貴代子様」が、被害者を勇気づけようと自ら石巻の仮設を訪れ、ご指導下さった鶴です。

2011.3.11 一瞬にして大切なものを失い、明日を生きる力さえ失いかけていた私たちに希望を与えてくれた鶴でもあります。

貴方様の明日が、希望に満ちた佳き日となりますことを、心よりお祈りしております。

宮城県石巻市北上町小田ニッコリ団地仮設住宅  代表:佐藤さん 佐々木さん 「希望の鶴プロジェクト」 (全文)

 



501

 

 

 

 

 

 

 

  ↑  ↑   1個づつ、このように包装されてます。

 

  【 ご注文は 】  メールまたはFAXで。。鷺乃湯へ

折り鶴は、1個 200円です:このうちの100円が鶴を折る方々の収入となります。
玄関に飾ったり、ご両親やお孫さんへの贈り物としても^^


誠に申し訳ないのですが、 10個 2000円 よりご注文下さい。
15個 3000円 20個 4000円 *もちろん、50個、100個 大歓迎~!です。
送料は別途です。


尚:手造りの為、到着までにお時間を頂戴いたします。

メール  E-mail  suwa@saginoyu.com

 FAX   (0266)52-5204


ホテル鷺乃湯 担当:伊東 敦子まで、ご注文の連絡お願いいたします。
必ず、ご氏名、ご住所、ご連絡先のお電話番号を明記の上お願いいたします。
折り返し、詳細をご連絡させていただきます(ご返信までに数日かかる場合もございますが、ご了承願います)。


☆ 尚、無理なご購入のないようにお願いいたします
 「身内でお祝い事があるから~欲しいわ!」など、ご利用のある場合のご注文いただけましたら、幸いです。

 

 





更新の励みになります。宜しければクリックお願いいたしますm(_ _)m

ホテル・旅館


カテゴリー:女将のあっちゃん |投稿日:2014年 06月 16日 月曜日

コメント


カレンダー/CALENDAR

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ/ARCHIVE